CocoaPods が使えない(正確にはワークスペースが使えない)配信システムでのプロジェクトだったので、Carthage を導入することにした。

Carthage とは

Carthage

Carthage is intended to be the simplest way to add frameworks to your Cocoa application.

https://github.com/Carthage/Carthage

インストール

brew update
brew install carthage

Cartfile の作成

Xcode プロジェクト直下に『Cartfile』という名称でテキストファイルを配置する。

書き方

使用するフレームワークの github または git リポジトリを指定する。

github "Alamofire/Alamofire"

または

git "https://github.com/Alamofire/Alamofire.git"

バージョン指定

上記指定方法に続けてバージョンを指定する。

バージョン意味
== 1.01.0 のみ
>= 1.0バージョン1.0以降の最新
~> 1.01.0系の最新
github "Alamofire/Alamofire" ~> 3.0

使用するフレームワークのビルド

作成した『Cartfile』のあるディレクトリへ移動して、以下のコマンドを実行する。

carthage update

プラットフォームの指定

--platform をつけてプラットフォームを指定できる。

carthage update --platform iOS

Xcode への追加手順

ビルドが完了するとプロジェクト直下に『Carthage』ディレクトリができる。Carthage/Build/プラットフォーム名 にフレームワークがビルドされる。

  1. [Project Navigator] -> [Project] -> ["フレームワークが必要なターゲット"] を選択する
  2. 『Embedded Binaries』項目にビルドされたフレームワークをドラッグ&ドロップする。(または [+] ボタンで表示されるダイアログの [Add Another...] ボタンからビルドされたフレームワークを指定する)

インポート

通常どおり。

import Alamofire

App Store への提出前に・・・

ターゲットの『Build Phases』の [+] ボタンから『New Run Script Phase』で以下を追加しないと App Store への提出でのバグがある様子。

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks

If you're building for iOS

https://github.com/Carthage/Carthage#if-youre-building-for-ios

Next PostPrevious Post