シミュレータでも実機でも動作するフレームワークのユニバーサルバイナリを生成する手順。

手順概要

  1. 『TARGETS』に『aggregate』追加する
  2. 『Build Phase』に 『Run Script』を追加する
  3. ビルドする
  4. ユニバーサルバイナリを生成する

1.『TARGETS』に『aggregate』追加する

  1. 『Project Navigator』 で <プロジェクト名> をクリックする
  2. 『Editor』メニュー →『Add Target...』
  3. 『Other』から『aggregate』を追加する

2. 『Build Phase』に 『Run Script』を追加する

  1. 手順1 で追加した Target を選択する
  2. 『Build Phase』タブをクリックする
  3. 『+』ボタン → 『New Run Script Phase』を選択する
  4. 『Run Script』以下の Shell スクリプト を追加する

http://pastebin.com/EXV405Z7

このリンクにどこかの匿名希望さんがすばらしいスクリプトを残してくれている。
このスクリプトはプロジェクトディレクトリ直下にユニバーサルバイナリを生成して、その場所を表示してくれるという親切設計。

#!/bin/sh

UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER=${BUILD_DIR}/${CONFIGURATION}-universal

# make sure the output directory exists
mkdir -p "${UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER}"

# Step 1. Build Device and Simulator versions
xcodebuild -target "${PROJECT_NAME}" ONLY_ACTIVE_ARCH=NO -configuration ${CONFIGURATION} -sdk iphoneos  BUILD_DIR="${BUILD_DIR}" BUILD_ROOT="${BUILD_ROOT}" clean build
xcodebuild -target "${PROJECT_NAME}" -configuration ${CONFIGURATION} -sdk iphonesimulator ONLY_ACTIVE_ARCH=NO BUILD_DIR="${BUILD_DIR}" BUILD_ROOT="${BUILD_ROOT}" clean build

# Step 2. Copy the framework structure (from iphoneos build) to the universal folder
cp -R "${BUILD_DIR}/${CONFIGURATION}-iphoneos/${PROJECT_NAME}.framework" "${UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER}/"

# Step 3. Copy Swift modules from iphonesimulator build (if it exists) to the copied framework directory
SIMULATOR_SWIFT_MODULES_DIR="${BUILD_DIR}/${CONFIGURATION}-iphonesimulator/${PROJECT_NAME}.framework/Modules/${PROJECT_NAME}.swiftmodule/."
if [ -d "${SIMULATOR_SWIFT_MODULES_DIR}" ]; then
cp -R "${SIMULATOR_SWIFT_MODULES_DIR}" "${UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER}/${PROJECT_NAME}.framework/Modules/${PROJECT_NAME}.swiftmodule"
fi

# Step 4. Create universal binary file using lipo and place the combined executable in the copied framework directory
lipo -create -output "${UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER}/${PROJECT_NAME}.framework/${PROJECT_NAME}" "${BUILD_DIR}/${CONFIGURATION}-iphonesimulator/${PROJECT_NAME}.framework/${PROJECT_NAME}" "${BUILD_DIR}/${CONFIGURATION}-iphoneos/${PROJECT_NAME}.framework/${PROJECT_NAME}"

# Step 5. Convenience step to copy the framework to the project's directory
cp -R "${UNIVERSAL_OUTPUTFOLDER}/${PROJECT_NAME}.framework" "${PROJECT_DIR}"

# Step 6. Convenience step to open the project's directory in Finder
open "${PROJECT_DIR}"

3. ビルドする

シミュレーターと端末の両方でビルドしておく必要がある。
※シミュレーターはどれを選択しても良い。ここでは iPhone 6。

  1. iOS Simulator → iPhone 6 でビルドする
  2. iOS Device でビルドする

4. ユニバーサルバイナリを生成する

  1. 『Product』メニュー → 『scheme』→ <手順1で追加した Target 名> を選択する
  2. iOS Device でビルドする

※手順4でちゃんとビルドされていないとエラーが出る。

Next PostPrevious Post